インプラント治療の術式

インプラント治療の術式は、「1回法」と「2回法」に分けられます。

それぞれの術式にメリット、デメリットがありますので、患者様の状態に合わせて、担当の歯科医師が適切な方法を選択して、患者様のご同意が頂けた場合には、治療を行います。


1回法

骨移植などの手術を行わないで、インプラント手術が出来る場合など、感染の心配が少ないときは「1回法」を選択します。インプラント治療の手術である「1回法」では、術後、インプラントの上から歯ぐきを閉じてしまわないため、歯ぐきの上にインプラントが露出した状態となります。

1回法の流れ

①歯ぐきを切開し、顎の骨にドリルで穴を開け、その後、その穴にインプラントを埋め込みます。
②歯ぐきの上にインプラントの頭の部分が露出するように縫合します。
③インプラントがあごの骨にしっかりと結合し、なおかつ周囲の粘膜が治癒した状態であることを確認し、アバットメントと人工歯を総装着します。

メリット

・手術が1度だけのため、患者様の負担が少ないです。
・2回法で行うより治療期間が短くて済みます。

デメリット

・骨造成などの手術を行う場合には出来ない場合があります。

 

2回法

骨移植などの特殊な手術をを行い、感染のリスクを少しでも避ける必要がある場合は「2回法」を選択します。「2回法」では、1回目の手術後、インプラントは歯ぐきの下に完全に覆われます。 

2回法の流れ

①1次手術で、インプラントを埋入し、歯ぐきを縫合、インプラントは縫合した歯ぐきの下に覆われます。
②インプラントがあごの骨にしっかりと結合したら、2次手術を行います。再び歯ぐきを切開し、インプラントを露出させ、人工歯の土台であるアバットメントを取り付けます。インプラント周囲の粘膜が治癒したら、人工歯の型取りを行い、その後人工歯を装着します。

メリット

あごの骨がやせてしまった方にも、インプラント治療が可能

デメリット

手術が2度必要になるため、1回法よりも身体的負担が多い
治療期間(手術してから最終的な被せ物が入るまでの期間)は1回法よりも長くなる